不動産登記にかかる費用

不動産登記にかかる費用 : 会社を設立したいけどどのようにしたらいいか分からない、 まずは事業を始めたいという方を応援しています。 何から始め、どういうことを決めて、どこに行ったらいいのか、会社に関する疑問何でもお気軽にご相談下さい。

不動産登記にかかる費用

お問い合わせはこちらをクリック お問い合わせフォーム

所有権移転登記にかかる費用は、登録免許税、実費、報酬の3つからなっています。

矢印40 売買・贈与による所有権の移転登記の場合

登録免許税(※固定資産評価額×0.02
+報酬(50,000円~80,000円)
+実費(登記事項証明書取得費用、交通・通信費等)

※土地の売買は固定資産評価額×0.015(平成25年4月1日現在)
登記原因証明情報作成、立会日当も含みます
※売買により居住用の建物を購入される場合、建物が一定の要件を満たしますと、登録免許税が減税になります。
※不動産の数が増える場合など、詳しくはご相談下さい。

例:固定資産評価が1000万円(建物300万、土地の敷地権部分700万)のマンションを居住用で売買される場合
登録免許税      165,000円
住宅用減税    ▲ 51,000円
報   酬        54,000円  
合計           168,000円(実費別)

矢印40 相続による所有権の移転登記の場合

登録免許税(固定資産評価額×0.004
+報酬(不動産の個数×30,000円)
☆但し、報酬額は5万円~

※相続関係説明図の作成や戸籍の収集報酬も含みます。

例:1個の土地、1個の建物を相続された場合(マンションの場合も同様です)
(固定資産評価額合計1000万円のケース)
登録免許税         40,000円
報   酬           64,800円  
合計           104,800円(実費別)

矢印40 抵当権の抹消登記の場合

登録免許税(不動産の個数×1,000円)
+報酬(16,200円)

実費(登記事項証明書取得費用、交通・通信費等)

以上は一例です。その他の登記については、お問い合わせ下さい。