2013年6月の記事一覧

ブログ

☆書面決議で利益相反で、で?印鑑は?

会社の取締役の不動産をその会社が買うような場合、会社とその取締役の利益は相反することになります。 このような利益相反になった場合、取締役会(取締役会がない会社は株主総会)でこの売買を行ってよいかどうかの決議をする必要があります。 そして、この議事録を不動産登記上添付する必要があります。 その際の印鑑は、代表取締役については会社の実印、他の出席取締役や監査役は個人の実印になります(それぞれ印鑑証明書も添付します)。 これが原則。 ...