公正証書遺言

2020年7月10日(金)から自筆証書遺言の制度が変わります2 : 会社を設立したいけどどのようにしたらいいか分からない、 まずは事業を始めたいという方を応援しています。何から始め、どういうことを決めて、どこに行ったらいいのか、会社に関する疑問や相続、成年後見、遺産整理業務など何でもお気軽にご相談下さい。

2020年7月10日(金)から自筆証書遺言の制度が変わります2

公正証書遺言

公正証書遺言は、遺言者が公証人の面前で遺言の内容を伝え、それを公証人が聞き取って、遺言者の意思を正確に遺言
として公正証書で作成します。

公正証書遺言のメリットとしては、公証人は法律の専門家なので不備のない内容の遺言を作成してくれますし、自筆証書遺言
と違って、家庭裁判所で「検認」の手続きが不要なので、迅速に遺言の内容を実現することができます。
さらに、原本が必ず公証役場に保管されますので、自筆証書遺言のように、遺言書が書き換えられたり、隠されたり、破棄される
心配もありません。

一方デメリットとしては、費用がかかることがあげられます。
この費用は遺言した財産の価額により異なります。
例えば、5000万円を超え1億円以下の場合、5万円から10万円程の費用がかかるケースが多いです。
証人2名も必要で、知人などにお願いしない場合は証人の方の日当も必要になってきます。

 

更に続きます。